世界各地ですごい話題になっている「iPad」がやっと台湾で登場することになりました。ずいぶん遅れた原因がやはり”繁体中国語の対応”だと推測されていますね。今まで、インターフェースおよび文字入力には簡体中国語しか対応 使いづらかったんです。「iOS 4.2.1」がリリースされた後、台湾のユーザにとって迷いがほとんど解消されただろうと思います。



しかし... このタイミングなら、噂も流れていますし、iPadがいよいよモデルチェンジという可能性もあるでしょう。ところが、いくら迷っても台湾発売の件についてネットでは話題が盛り上がっていますし、販売店の知り合いに聞いてみると、問い合わせ電話もたくさん来ていて休めないほど忙しかったです。一方、日本ソフトバンクの「iPad for everybody」プランと比較してみると、台湾の携帯キャリアも大体同じように”プリペイドプラン”で行っています(例えキャリアの”中華電信”)。これによって、iPadをずっと待っていた方にとってお買い得でしょうね。

この度、携帯キャリアの直営店舗のほか、iPadの販売予定店舗が台湾全国のApple Premium ResellerApple Shopおよび一部のApple Authorized Campus Storeとなります。

*台湾で販売するiPadも"SIMフリー”仕様です。

iPad_tw_2 

今朝十一時からいよいよ発売する予定ですが、只今アップル台湾のオンラインストアでは本体価格などがまだ公開されていません。もうちょっと待ちますね... 

iPad_tw_3
(am02:02)

iPad_tw_price
Apple Premium Reseller「STUDIO A」ではiPadの公式価格を発表しました。

iPad Wi-Fi
- 16GB: NT$16,500
- 32GB: NT$19,500
- 64GB: NT$22,500

iPad Wi-Fi + 3G
- 16GB: NT$20,900
- 32GB: NT$23,900
- 64GB: NT$26,900
(am02:11)

iPad_tw_4
並んでいる人がまだ少ないですが、11時オープンしてから急に殺到するかもしれませんね。今回台湾にはiPad販売店が多いなので.. 

iPad_tw_5
店内を覗いてみると、純正iPadケースなどが在庫十分でしょう。

iPad_tw_6
外国の方もいらっしゃいます。

iPad_tw_7
(am09:59)

iPad_tw_8
取材のために店に入りました。

iPad_tw_9
iPad展示機も用意しています。
 
iPad_tw_11

iPad_tw_12
(am10:44)

iPad_tw_13
iPad_tw_14
夜になるとさらに殺到するでしょう。
(am11:31)


延伸閱讀 - アップル、「iPhone 4」台湾発売開始 

    全站熱搜

    rakunamac 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()